コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第15章 使者
「マルセラ…」

ビルカパサの深い眼差しに、マルセラは気丈な瞳でしっかりと頷いた。

その瞳には、自分の言葉に嘘はありませんと、誠意と決意を秘めた色が見て取れる。


ビルカパサは無言で、深く頷いた。

そして、感情を統制した沈着な声で言う。

「トゥパク・アマル様の御言葉を伝えるために、おまえにクスコへの使者としての任を果たしてもらいたい」


マルセラは、一瞬、大きく息を呑む。

「クスコへ、私が…!」


ビルカパサが、頷く。

さすがのマルセラの瞳も、揺れ始める。

それを悟られまいとするかのように、サッと僅かに顔を俯かせた。

そのマルセラの様子に、ビルカパサの表情にも悲壮な気配がよぎる。



暫しの沈黙が流れた。

しかし、すぐにマルセラは毅然と顔を上げると、覚悟を決めた表情でしっかりとビルカパサを見据え、「わかりました。喜んで、そのお役目、引き受けましょう!!」と、きっぱりと言う。


瞬間、ビルカパサの瞳が、激しく揺れる。

が、すぐにいつもの面差しを取り戻し、深く頷いた。

そして、マルセラの肩に褐色の逞しい手を乗せて、「良く言ってくれた。さすがに、わたしの姪っ子だけある」と、微笑んだ。


ビルカパサの言葉に、ニッ、と少年のようにはにかむマルセラに、ビルカパサはさらに不安を取り除くように続ける。

「確かに危険な任務ではあるが、クスコの面々も、さすがに女のおまえを殺すことはあるまい。
ましてや敵方のモスコーソは、曲がりなりにも、この国最高位のキリスト者、『司祭様』であられるからな」

そう言って、改めて「大丈夫だ」と付け加えた。


マルセラも、それは懸命に平静を装ってのことだったかもしれないが、ともかくも落ち着きを取り戻した風情で、しっかりと頷く。

今一度マルセラに頷き返すと、ビルカパサはマルセラを伴い、トゥパク・アマルの天幕へと向かった。
273
最初 前へ 270271272273274275276 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ