コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第15章 使者
トゥパク・アマルは、既に夕闇の中にかすみ始めた眼下の街並みを思慮深い面持ちで眺めやった後、ゆっくりと瞼を閉じた。

そして、今度は、じっと耳をすます。

その耳には、まだ姿の見えぬ敵方の大軍団が迫りくる足音が、はっきりと聞こえてくる。


トゥパク・アマルは目を見開いた。

今頃、首府リマからの討伐隊が、このクスコの地に向かっていることは必定だった。


彼は、いよいよ迫り来る強敵を射抜くがごとくに、鷲のように鋭利になった眼をリマの方角へ閃かせた。

急ぎ事を進めねばならぬ――!!





その夜、トゥパク・アマルは側近たちを集め、クスコに使者を送って降伏を勧め、流血の入城をせずにすむ方法を模索したい旨を伝えた。

側近たちも、クスコの状況を知っていたため、彼の考えに同意を示した。


トゥパク・アマルが放った斥候たちによって、クスコの街がいかに混乱状態にあるか、刻々とインカ軍本営へと伝えられていた。


インカ軍本隊に高地を占拠され、街を睥睨されながらも、未だ首府リマからの主力となる援軍の着かぬクスコの白人たちは、全くの恐慌状態にあった。

ピチュ山の要衝を扼(やく)したトゥパク・アマルの軍勢がいつ攻め込んでくるか分からぬ状況は、クスコの住人たち、ことさらスペイン渡来の白人たちを限りなく震撼させた。


クスコのスペイン人たちの世論は、真二つに分かれていた。

インカ軍にクスコを明け渡そうという悲観派と、一歩も譲らずクスコを守るという強硬派である。
270
最初 前へ 267268269270271272273 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ