コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第14章 忍び寄る魔
そのようなアレッチェの態度に、バリェはいっそういきり立って詰め寄った。

「反乱の火の手は、今や、まるで燎原の火のごとく国中に広がっているというではないか!!
なぜ、これほどになるまで、安穏と気付かずにいたのだ!!」


興奮してがなり立てるバリェの口角から、唾が飛び散った。

アレッチェはその唾をよけながら、冷淡な眼でバリェを一瞥する。


「燎原の火のごとく?」

アレッチェの声が、氷のように冷ややかに響いた。


そして、己自身にも噛み含めるように言う。

「バリェ将軍、『燎原の火のごとく』――という、あなたの形容は、全くもって不適当ですな。

今回の反乱は、一部で勃発した反乱が、新たな地域に伝播し、模倣され、広がっていくような、そんなありきたりで単純なものとは全く質の異なるものですぞ。

バリェ将軍、あなたが考えているような、単に突発的な反乱や一揆とは、全く違うのだ」


バリェは眉をひそめながらも、やや聞く耳をもった面持ちで、この巡察官アレッチェの方に改めて向き直る。


アレッチェも、そのガッシリとした肩をそびやかせながら、真正面からバリェに向いた。

そして、言い含めるように続けていく。
264
最初 前へ 261262263264265266267 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ