コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第3章 邂逅
やがて、静かに手を添えるコイユールの瞳の奥に、遠い昔の母親の姿が甦ってくる。


幼い頃から好奇心が旺盛だった彼女は、よく怪我をした。
母親は「まあ、コイユール、またなの?」と呆れ顔をしながらも、いつも娘の傷口に優しく手を添えたものだった。


母親の手は温かく、どんな薬草よりも効き目があった。

それは単なる気のせいや気休めとは、少し種類の違うものだった。
頭痛、腹痛、腰痛などの痛みや怪我、病気、時には精神的な疾病にも効果があった。
今で言うところの「手当て療法」に似ているかもしれない。

それは、コイユールの家に、インカ時代から代々伝えられてきた秘伝の自然療法であった。



どちらにしても、コイユールにとっては、優しく母に触れてもらえるということが、何よりもただ純粋に嬉しかったのだが。






スペイン人により「ミタ(強制労働)」という名目で、両親が命を捧げる鉱山に駆り出されることが決まった時、まだ幼かったコイユールに母親はその秘伝のシンボルと祈りの言葉を伝授した。

すべてを伝え終わってから、母親はコイユールの目を優しく見つめて言った。



「このことができるようになっても、それは、コイユール、おまえが特別な能力をもっているということではないのよ。
それを忘れないでね。

お日様やお月様やこの宇宙が、私たちのこの手を通して、そのお力を送ってくださっているだけなの。
私たちは、ただそのお力を通すための道具としての役割を果たしているだけ。


どんな人も、みんな、それぞれにいろんな役割をこの世界の中で果たしながら、目に見えない糸でつながって、支え合いながら生きているのよ。
だから、このことをして、お金儲けに使ったりしてはいけませんよ。

コイユールにはコイユールの、別の人には別の人の、それぞれの役割があって、そして、そのどれが偉くって、どれが偉くないとか、そんなことは全然ないのだからね。


このことを、よおく憶えておいてね、コイユール。
人は、みんな同じように価値のある存在だということを」
26
最初 前へ 23242526272829 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ