コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第14章 忍び寄る魔
他方、その頃、かのトゥパク・アマルは南部地域を転戦し、兵力の増強を図っていた。


彼はその日の戦闘を終えた野営場に戻ると、義勇兵たちの様子を見渡せる丘の上に立ち、静かな視線を眼下に注いでいた。

暮れなずむ夏の夕空に溶け込むように、長い漆黒の髪が舞っている。




今、彼の手の中には、あのモスコーソが国中にばらまいた破門宣告の布告状があった。

既に義勇兵たちの間にも、トゥパク・アマルらインカ軍幹部がキリスト教から破門されたという噂が広がっていることであろう。


彼は、ついに最大の一手を打ってきたモスコーソの所業を苦々しく感じながら、それがインカ側に与えるであろう破壊的な打撃を見切っていた。


これまで、さんざんなモスコーソの脅しにも関らず、「インカ皇帝」の復活に深く感動し、敬愛の念と共に自らの復権意識に目覚めたインカ族の多くの者たちは、トゥパク・アマルに変わらぬ忠誠を誓い、この期に至っても、遥か遠方からさえ続々とインカ軍に馳せ参じていた。


しかし、ついに己がキリスト教から「破門」までされるに至った今、インカ族の者たちはともかく、当地生まれのスペイン人たちが、いかに動揺するかは想像に余りある。

心の奥底では、まだ密かに本来のインカの神々を信仰しているインカ族の者たちに比して、敬虔なキリスト教徒である場合の多い当地生まれのスペイン人たちは、「破門」という響きに酷く恐れをなすことは必定だった。
255
最初 前へ 252253254255256257258 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ