コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第14章 忍び寄る魔
しかしながら、真実は、教会を血で汚したのは、決してトゥパク・アマルではなかったはずだ。

サンガララの合戦冒頭で、教会の出口で小競り合いを引き起こし、死傷者を出したのは、スペイン側の歩兵が教会に逃げ込んだこと及び、隊長ランダが叱責したことが引き金であり、原因である。

トゥパク・アマルは、むしろ教会を血で汚すことを避けるために、細心の注意を払っていた。


だが、トゥパク・アマルら一味を一掃することに憑かれたモスコーソにとって、真実がいかなるものであるかなど、そのようなことは重要ではなかった。

トゥパク・アマルや彼の率いるインカ軍をいかに追い詰め、破綻に至らしめるか、その目的のための行動が、今やいかなる真実よりも優先された。



モスコーソは「司祭」というその絶大な権限を振るい、トゥパク・アマルとその一党をキリスト教から破門する旨を、国中の信者たちに向けて厳かに謳い上げた。


「ティンタ郡のカシーケ(領主)、トゥパク・アマルは、スペイン王陛下に謀反をいたし、王の権利を剥奪し、泰平を乱したかどによって、これをキリスト教から破門することを天下に通告する!!

トゥパク・アマルを援助し、同情し、付き従った者が、本布告が出された後、あの者となお連絡を保ち、援助をするならば、同様に破門に付す!!

破門を許す権利は、余のみが保有する!!」



モスコーソはその旨を書き記した貼り紙を国中の教会に掲げるよう命を発した後、まだ姿の見えぬトゥパク・アマルをあの舐めるような、しかし、今や炯々と血走った眼で見据えるようにしながら、口の端を吊り上げた。

さすがのトゥパク・アマルも今回こそは決定的な打撃を受けるに相違ないと、この国の民衆心理を読み抜いているモスコーソは確信していた。


「破門」――実際、その言葉のもつ不吉な響きは、現代の我々には、到底、想像の及ばぬほどの強烈なものであったのだ。
254
最初 前へ 251252253254255256257 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ