コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第14章 忍び寄る魔
アンドレスは心配になって、身を乗り出した。

「フランシスコ殿、大丈夫ですか?
何か、とてもお辛そうに見えます。
お苦しければ、すぐに医者を呼びますが…」


「いや、いいのだ」

そうアンドレスを制し、フランシスコは苦渋に満ちた表情のまま、「トゥパク・アマル様には、全く、ご迷惑ばかりおかけしてしまって、わたしは身の置き所の無い心境なのだよ」と、呟くように言う。


「え…?!」

フランシスコの言葉に、アンドレスは息を呑む。


「キスピカンチ郡の代官カブレラを追跡した時も、結局、わたしは捕えることができなかった。

その挙句、あの代官がクスコに逃げ込んだがために、クスコに反乱のことが知られてしまったのだ。

あれほどトゥパク・アマル様やミカエラ様が、情報の漏れぬように細心の注意を払っていらしたというのに……」

そう言って、フランシスコは深い溜息を漏らした。


寝台に横たわるフランシスコの横顔は、ひどい苦々しさを湛え、皮相に歪んでいく。




(フランシスコ殿…お一人で、そんな思いを抱えていらしたなんて…!!)

アンドレスは居た堪れぬ思いに激しく貫かれ、大きく身を乗り出した。

「あれは、フランシスコ殿のせいではありません!

追いかけても間に合わぬほどに、カブレラは早々に逃走していたのです。

トゥパク・アマル様だって、決してフランシスコ殿を悪くなど思ってはおりません!!」

アンドレスの眼差しは真剣で、全くの本心からの言葉であることが分かる。


フランシスコは力無く微笑み、だが、すぐに苦悶の表情に戻って言う。

「トゥパク・アマル様は、表面にお気持ちは表さぬお方だ。
ご本心では、何を考えているかなぞ、分かるまい。

それに、他の側近の者たちがどう思っていることか…。
皆、口には出さぬだけで、きっと心の中では、わたしを責め、苛立っているに違いあるまい」


「フランシスコ殿…!!」

アンドレスは言葉に詰まった。
248
最初 前へ 245246247248249250251 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ