コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第14章 忍び寄る魔
フランシスコの寝台の傍らに跪きながら、アンドレスは首を横に振った。

「いいえ、俺とて、同じ思いなのです。

むしろ、フランシスコ殿のようにお苦しみになるのは、人として自然な感情であると思います。
あれだけの壮絶な戦闘だったのです。

いくら敵だからって、まるで…、まるで相手を襲ってくる化け物か何かのように、斬っては捨て、斬っては捨て…!
あんな酷い所業を為しておいて、何も感じない方がどうかしているってもんです!!」


フランシスコを励ましているつもりが、次第に己の方が興奮しはじめ、その声さえ震えてきたのを感じて、アンドレスはハッと口をつぐんだ。

フランシスコは、無言で、そのような彼に視線を注いでいる。


いきなり本音を吐露してしまった決まり悪さから、アンドレスは思わず視線をそらした。

無意識にサーベルの鞘を握り締める。

今は魂の抜けたようなそのサーベルは、ただ冷たく、固い感触だけを彼の指に返してくる。


フランシスコはそんなアンドレスの様子に静かに目を細め、そっと微笑んだ。

「ありがとう、アンドレス。
そんなふうに言ってくれるのは、そなただけだ」

「いえ…、そんな…」


フランシスコの、この繊細で静寂な雰囲気に、あのトゥパク・アマルも安らぎを覚えるのだろう、とアンドレスは改めて感じる。

実際、トゥパク・アマルは、フランシスコが倒れてから、あれほどの重症を負っているビルカパサに対するのと同様の深い案じようを見せていた。


「トゥパク・アマル様も、とても心配しておられました。
フランシスコ殿の意識が戻られぬ間も、先ほどまで、ずっとこちらの天幕の中にお見舞いにいらしていたのですよ」

そんなアンドレスの言葉に、フランシスコはかえって苦しげな表情になった。

気のせいか、油汗がいっそう噴出しはじめ、呼吸も荒くなってきたように見える。
247
最初 前へ 244245246247248249250 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ