コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第14章 忍び寄る魔
「アンドレス!!
…やっぱり…!!

もっと詳しく教えて、ジェロニモ。

そのお方の、戦場でのご様子は…?!
そんなに危ないことをしているの?!」

睨んでいるのか泣きそうなのか分らぬ表情で、しつこく詰め寄ってくるコイユールに、ジェロニモは、ますます不審の表情になる。

「今、話した通りサ。
俺が見たのは、それだけだ。

それより、何なんだ?
アンドレス様をいやに親しげに呼んだりしてさ。

コイユール、まさかアンドレス様と知り合いか何か?
そういやぁ、君はマルセラ様とも知り合いだったし、ナ」


やや皮相なジェロニモの口調に、コイユールは言葉を呑む。

何やら怪しげな雲行きになってきた二人の様子を察して、集まっていた他の義勇兵たちは目配せしながら去っていく。



二人きりに残された中、言葉に詰まったまま固まってしまったコイユールに、ジェロニモは真正面から向き直った。

「そうなのか、コイユール?
まさか…本当に、アンドレス様と知り合いなのか?!」

「いえ…まさか、そんな……」


「それじゃあ、どうして、そんなに気にする?」

口ごもるコイユールに、今度は逆にジェロニモが詰め寄った。


コイユールの握り締めた華奢な指が、明らかに震えている。

ジェロニモは一つ深く溜息をつくと、何かを吹っ切るように唇を噛んだ。


それから、いつもの陽気な調子に戻って言う。

「事情は知らないケドさ、それにしたって、あ~あ、コイユールも、やっぱアンドレス様かぁ!!

この軍の義勇兵の女子連中は、猫も杓子も、『アンドレス様、アンドレス様』って、きゃあきゃあ騒いでるもんなぁ。

ちぇっ、やっぱ、カッコイイもんナー!!」

愕然とした目の色のコイユールに、「ああ!!もう、冗談だって!!そこで突っ込んでくれないと!」


それから、ついに観念したように、ジェロニモがポツリと言う。

「本当はサ、少しは喜んでほしかったな…こうして、俺が生きて戻ったこと」


(あ…それは…もちろん――!!)

コイユールが声にならない言葉を必死に搾り出そうとしている間に、ジェロニモは力無く小さく笑うと、己の寝所に向かって足早に去っていく。


後には、胸を突かれたような表情のコイユールだけが、残された。
243
最初 前へ 240241242243244245246 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ