コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第14章 忍び寄る魔
緊張の余韻を滲ませながら従軍医はもと来た道を戻り始め、コイユールもそれに続いた。

すると、その後を、ディエゴが急いで追ってきた。

従軍医が振り返ると、「もう一人、診てほしいのだ」と言って、二人を別の天幕へと導いた。


中に入ると、やはりトゥパク・アマルの側近であるフランシスコが、ぐったりと寝台に倒れ込んでいる。

どうやら、そこはフランシスコの天幕のようだった。


フランシスコは眠っているのか気を失っているのか、いずれにしろ意識の無いまま、額から多量の油汗を流して身を横たえている。

呼吸も苦しげで、肩を激しく上下させている。

やはり天幕の中にはトゥパク・アマルが既に来ていて、心配そうにフランシスコの傍に身を屈めていた。



従軍医が急いで全身状態を調べるが、はっきりとした外傷が見当たらない。

「いつからです?」と問いかける従軍医に、「先ほど天幕に戻られてから、突然状態がおかしくなられたのだ」と、ディエゴが答える。


「ひどく熱が出て、呼吸も浅くなっておりますが、さしたる外傷も見当たりません」と、従軍医もやや困惑気味の表情で、改めてフランシスコを診察する。

それから、従軍医は暫し考え深気に目を細めた後、慎重な口調で言う。

「ある種の精神的なショック状態かもしれません。

お心に受けられた衝撃の度合いにもよりますが、ゆっくりと心と体を休められれば、徐々に回復いたしましょう。

いずれにしろ、経過を診させていただかなければ、何とも言えません」




ディエゴは、「精神的なショック状態?!」と、唖然とした様子で目を見張る。

だが、トゥパク・アマルは静謐(せいひつ)な眼差しで、「あの戦闘は凄まじかった。そのようなことも有り得よう」と、いたわるようにフランシスコを見つめた。


トゥパク・アマルは改めて従軍医の労をねぎらい、従軍医も恭しく礼を払う。

そのまま従軍医はコイユールを伴って、今度こそ本当に側近たちの天幕を後にした。
240
最初 前へ 237238239240241242243 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ