コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第14章 忍び寄る魔
二人は、互いの瞳に強く引き付けられた視線を動かすことができなかった。

かつてと変わらぬ互いのその瞳の色に、二人の時間は完全に歩みを止める。

たちまち二人の意識は時空を越えて、あの懐かしい日々に引き戻された。

そして、心に深く沈めていたはずの、二人の絆を目の前につきつけ、輝かせる。



「コイユール、手伝っておくれ!」

その時、天幕の奥から従軍医の緊迫した声が響き、コイユールは現実に引き戻された。


アンドレスも我に返り、入り口を開いて、コイユールを中に通した。

震える足取りで、コイユールがアンドレスのすぐ傍を通り過ぎる。

そして、ともかくも彼女は従軍医の隣に控えた。


天幕の奥では、意識朦朧としたビルカパサが、苦痛に顔を歪めながら、右腕を押さえて横たわっていた。

それは、あの戦闘開始時に、己の体を張ってトゥパク・アマルを砲撃から守った際の負傷であった。


ビルカパサは、これほどの重傷を負いながらも、数時間にも及ぶ激闘の中を、しかも並外れた働きぶりによって敵を討ち取り続けたのだった。

さらには、戦闘後の様々な処理に当たる間も、トゥパク・アマルを助けて働き続けた。

しかし、日没と共に、ついに力尽きて倒れたのだった。



天幕の中には、トゥパク・アマルやディエゴも来ており、ビルカパサの様子をひどく心配そうに見守っている。

アンドレスは天幕の中に戻ると、集団から少し離れたところに立った。

激しく波立つ心を懸命に自制しながら、震える指先を握り締める。


負傷の血生臭いにおいの充満する天幕の中だというのに、どんなに意識すまいとしても、コイユールがいるというだけで、その場の空気が優しく柔らかく感じられてしまう。
238
最初 前へ 235236237238239240241 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ