コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第14章 忍び寄る魔
二人は白い息を吐きながら、トゥパク・アマルの側近たちの天幕が張られている界隈に近づいていく。

周辺では、多数の衛兵たちが、どこにも増して厳しい警護の目を光らせている。


従軍医が「治療に来たのですが」と進み出ると、兵たちは待ち侘びたとばかりに、「こちらに!」と早足で案内してくれた。

まもなく通されたのは、ビルカパサの天幕だった。


天幕が近づくにつれ、あまりの心配と不安のあまり、コイユールの心臓は張り裂けんばかりに激しく脈打った。

そして、心の中で、祈り続けていた。

(どうか、どうか、アンドレスでは、ありませんように!!)

もちろん、トゥパク・アマルの側近の誰一人として負傷などしてほしくはないのだが、今の彼女にとっては、誰よりもアンドレスを案ずることを止めることは不可能だった。



天幕の入り口に従軍医が近づくと、「さあ、はやく、中へ!!」と、入り口の垂れ布が勢い良く内側から開かれた。

そう言いながら天幕の内部から姿を見せたのは――アンドレス本人だった。

「!!」

アンドレスとコイユールの目が完全に合う。




突然、本人を目の前にして、コイユールは足から力が抜けていくのを感じた。

今は、偶然の再会への歓喜や驚きよりも、何よりも彼の無事な姿への深い安堵から、その場にへたりこみそうなほどだった。


他方、アンドレスもまた、入り口の垂れ布を持ち上げたまま、完全に固まっていた。

コイユールの姿に釘付けられた目が離せない。


「…――コイユール、なぜ……?!」

聞き取れぬほどの擦れ声で、アンドレスが呟く。
237
最初 前へ 234235236237238239240 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ