コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第12章 進軍
一方、コイユールが作業に戻ると、アンドレスは気配を感じ取られぬように、そっとその動きを止めた。


気配を読み取ることにも既に長けている彼にとって、眼下の空き地に人が入ってくれば、瞬時にそれは分かった。

当然ながら、偶然にも、それと気付かず自分の方向にやってくるコイユールの姿を、彼もまた、心臓が止まる思いで高台の上から見ていたはずである。


そして、ついにコイユールが自分に気付き、見つめるその視線を感じながら、だが、アンドレスはその視線に応えることはできなかった。

彼は、コイユールがしたように、相手を真っ直ぐ見つめることもできぬまま、ただ後ろ姿のままで、しかし、彼女の気配だけはしっかりと感じ取りながら、ただ気付かぬふりをしてサーベルを振るしかなかったのだ。



今や、アンドレスは、コイユールを一人の女性として強く意識している己の心を、はっきりと自覚していた。



だが、今の彼には、己の立場と、任務と、責任と、そして、己の心とのバランスを、一体どうとったらよいのかまるで分からなかったし、この状態でコイユールとひとたび身近に接したら、ギリギリに保っているバランスを崩してしまいそうで非常に怖くもあった。


今、こうしていてさえ、サーベルを握る指も、既におぼつかない。

そんな自分を感じると、アンドレスの心はいっそう落ち着かなく、ひどく不安になった。



彼はそのまま逃げ去るように、完全に己の気配を消したまま、決して振り向かずにその場を立ち去った。
197
最初 前へ 194195196197198199200 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ