コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第12章 進軍
「アンドレス様、お久しぶりです」

高揚感を滲ませた声で、瞳を輝かせながらマルセラが言う。


アンドレスも深い懐かしさと、見違えるように成長したマルセラを前にした感慨深さから、瞳を輝かせた。

「マルセラ、すっかり見違えたよ」

アンドレスは、率直な気持ちを笑顔で伝える。



マルセラはと言えば、やはり見違えるほどの逞しい若者に成長したアンドレスを間近にして、言葉を失ったまま立ち尽くす。

自分の心臓の鼓動が聞こえてしまうのではないかと思うほどで、彼女は慌てて何か話題を探した。


そして、「そういえば!」と、はたと思いついたように声を上げる。

「アンドレス様、コイユールが義勇兵に加わっていますよ!」

アンドレスとコイユールが幼馴染みの関係にあることを知っていたので、マルセラは共通の話題を思い出した安堵感から、ホッと心の中で息をついた。



が、その瞬間、アンドレスが何かに打たれたように身をそびやかせ、それから、パッと大きく表情を輝かせた。

「コイユールが?
来てるって!?」

彼なりに感情を抑えているのだろうが、その声音には歓喜の色がはっきりと見て取れた。


マルセラは予想を超えた相手の反応に、説明しがたい複雑な心境を抱きながらも、「はい。叔父様の連隊に入っています」と、ありのままを伝える。


「そうだったのか…!」

アンドレスは恍惚とした表情でマルセラを見つめると、「ありがとう!!」と、妙に力のこもった礼を述べた。

「い、いえ……」


やや気圧された感のマルセラの後方では、遠目から二人のやりとりを見ていたビルカパサが、明らかに様子の変わったアンドレスに、あの冷徹なほどに感情統制の行き届いた視線を黙って投げていた。
180
最初 前へ 177178179180181182183 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ