コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第12章 進軍
だが、コイユールは恐怖を押しのけ、険しい目で毅然と男を見返した。

「本当です。
大通りの方に走っていくのを見ました」


男はまだ疑わしげに斜めに彼女の方を睨んでいたが、チッと地面に唾を吐くと、苛々と体をゆすりながら大通りの方に走り去った。




男が彼方に消えると、藁の中から、慎重に周囲に目を配りつつ、一人の黒人青年が姿を現した。
その手には、厳つい斧を持っている。

姿はコイユールにも増してみすぼらしいが、生気に満ちた明るい瞳が、黒い顔の中で輝いている。


青年は、「ふう!」と深く息をつくと、コイユールにウィンクを送ってきた。

「お嬢さん、ありがとう。
助かったよ!」

茶目っ気のある、親しみ深い笑顔である。



その瞬間、コイユールは急に安堵から足の力が抜け、ガクガクと両足が震え出すのを感じた。

青年は、そんな彼女に笑顔を返す。

「あはは、怖い思いをさせてごめん。
でも、スペイン兵は、あんなもん比じゃないぜ、きっと。
最初から、命を狙ってくるんだから!」


コイユールが複雑な顔になるのを見て、「ごめん、ごめん、冗談!…でもないか、あはは」と、青年はまた明るく笑う。

それから、前方に視線を移し、「とりあえず急ごう!君も広場に行くんだろう?」と、大通りとは別のルートに向かって走りだす。



コイユールも頷き、地面を踏みしめて足に力をこめると、青年の後を追って走り始めた。
172
最初 前へ 169170171172173174175 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ