コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第12章 進軍
一方で、トゥパク・アマルは、首府リマにも、そして、遠からず奪還せねばならぬ聖都クスコにも、反乱の実情に関する情報が漏洩せぬよう、厳重な配慮を怠らなかった。


クスコは、かつてのインカ帝国の首都であるが、今では、かのモスコーソ司祭をはじめ、スペイン側の多数の重役人たちが居を構えている。

スペイン側の中枢部がこの反乱を知れば、すぐさま大量の火器を投入した討伐軍を組織し、躍起となってインカ軍の制圧に向かってくることは必定。


スペイン側の役人に気付かれる前に、いかにインカ軍の勢力を高められるかは、今後の命運を分ける重要な鍵となる。



この時代、スペイン側の通信手段は、せいぜい早馬の使者による手紙か口頭による伝達しかなく、つまりは足だけが通信の道具であった。
それ故、その通行路を押さえてしまうことが肝要だった。


そこで、トゥパク・アマルは、今後、反乱軍及び同盟者たちが押さえる地域には、通行許可証が無ければ通行出来ぬよう整備するように、各同盟者たちに指令を発した。

こうして、交通の要所を押さえ、銃後の守りを厳しく固めるべく采配を振るった。




なお、有能かつ勇猛な同志でもある妻ミカエラには、トゥパク・アマルらが前線で戦っている間、この本陣トゥンガスカにて、武器・食糧の管理及び補給を指揮するよう指示がなされた。

もちろん、ミカエラは、本来の男勝りの才覚を存分に発揮すべく、重責を伴うその要請に、麗しくも凛々しい眼差しでしかと同意した。

167
最初 前へ 164165166167168169170 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ