コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第12章 進軍
燭台の下に広げた地勢図を前にして、トゥパク・アマルは、力のこもった面差しで集まった者たちを見渡した。


「本陣をここトゥンガスカに置き、まず、キスピカンチ郡の首府キキハナに向かって進軍を開始する」

一同も深く頷く。


キスピカンチ郡はトゥパク・アマルの治めるティンタ郡に隣接する郡であり、その地の代官は、亡き当地の代官アリアガと結託して、永年に渡り当地に類する非道な搾取を続けていた。

今や、迅速な行動によって極悪非道なスペイン役人たちを屠り、スペインの植民地支配の絆を断ち切り、一気にその瓦解を引き起こさねばならぬ――!!


それぞれの者たちの表情に、険しい緊張と気迫が漲っていた。





さらに、出陣までのこの短期間に、トゥパク・アマルがしなければならぬことは多かった。


彼は予め反乱計画の根回しをしておいた諸郡の有力なカシーケたちに早急に使者を送り、いよいよ反乱の火蓋が切られたことを告知した。

そして、各地において機を逸せずに蜂起し、代官を逮捕し、代官の職能を廃絶し、強制売付けや強制労働その他の非道な搾取を直ちに廃止に導くべく通告した。


もちろん、使者は、ラ・プラタ副王領の同盟者、あのアパサの元にも走った。
166
最初 前へ 163164165166167168169 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ