コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第12章 進軍
その後、間もなくオルティゴーサが到着した。


オルティゴーサはインカ族の豪族で、トゥパク・アマルらの治めるティンタ郡に比較的近いアコビア郡のカシーケ(領主)であった。

トゥパク・アマルにとって、かのアパサ同様、最も有力な同盟者の一人である。





夜闇の中を勢い良く馬で馳せ参じたその男は、トゥパク・アマルの従弟ディエゴをも凌ぐ筋骨逞しい大男で、厳めしい褐色の顔には、耳から顎一帯にかけて黒々とした髭をたっぷり蓄えている。

全身からは強い気迫が漲り、いかにも戦場の似合いそうな武人という風貌だ。


出迎えたトゥパク・アマルとオルティゴーサは、共にガッチリと手を握り合った。

「トゥパク・アマル様、いよいよですな!!」

オルティゴーサが逞しい肩をいからせながら、興奮をかくせぬ様子で、太く響く声で言う。


「ああ、いよいよだ」

トゥパク・アマルも力強く頷き返した。




それから、トゥパク・アマルを中心に、オルティゴーサ、従弟ディエゴ、腹心ビルカパサ、義兄弟フランシスコ、相談役ベルムデス、甥のアンドレス、そして、妻のミカエラが参加し、明日からの行軍に向けて最終的な打ち合わせが行われた。


「兵の状態は、明朝の出陣に向けて万全ですぞ!!」

オルティゴーサはトゥパク・アマルの方にその身を乗り出すようにして、武人としての自信溢れる堂々たる声で言った。

トゥパク・アマルも、しかと頷き返す。



スペイン役人の嫌疑の目を逃れるため、トゥパク・アマルは敢えて自分の元ではなく、このオルティゴーサの元に武勇に秀でた者たちを集め、専門兵として密かに訓練を行わせてきた。


オルティゴーサは、アンドレスの師であるアパサ同様、ペルー副王領の中では名の轟く腕の優れた武人であり、有能な戦術家でもあった。

この後、反乱本部の参謀として機能していくことになる男である。
165
最初 前へ 162163164165166167168 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ