コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第10章 反乱前夜
トゥパク・アマルの艶やかな長髪は、まるで闇に溶け込むかのように黒々と、アレッチェの前に妖艶な気配を湛えながら浮き上がっている。

しかも、その薄闇の中で、インディオの全身からは、蒼白い光のようなものが放たれているようにさえ見えるのだ。


そのような忌々しい錯覚をいなすようにして、アレッチェは氷のごとく冷酷さで言い放つ。

「もし何か事を起こせば、それは逆賊として、インカ一族の合法的殺戮の理由を我々スペイン側に与えることに他ならない。
それをよく覚えておくことだ」



不気味に静寂な沈黙が流れる。


やがて、トゥパク・アマルがゆっくりと振り向いた。
もはや、いかなる感情も無い、能面のごとく面差しである。

「我々一族は、この地の民を守るためにある。
結果、どのようなことになろうとも、それは自ずと覚悟の上」


そして、アレッチェの言葉を待たず、さっさと部屋を出ていった。



アレッチェの中に不穏な感情が渦巻いた。
何よりも、あの目に浮んだ狂気にも似た色――何か非常にまずいことが起こるのではあるまいか?!




確かに、この日を境に、トゥパク・アマルはその動きの方向を明らかに変えていく。

これまで流血を見ぬために、極力平和的な手段によって懸命に交渉を試みてきた。
だが、これからは違う。


部屋を立ち去るトゥパク・アマルの目は、確かにアレッチェが見抜いたがごとく、この時、狂気の色をもはらんでいたかもしれない。


もはや立ちはだかるものは斬り捨てる――!!





まさにアレッチェの予感は、まもなく現実のものとなろうとしていたのだ。
129
最初 前へ 126127128129130131132 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ