コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第9章 若き剣士
「普通は、もし高地にいて周囲の低地を敵に占拠されるようであれば、機先を制して下山し、後方陣地に撤退する必要がある。
だが、それも、その土地の地形、敵の数、その布陣、その他もろもろの条件によるのだ」

そう言いながら、アパサは地勢図を丸めて元の場所に戻した。


「山岳戦をやるには、柔軟防御ができるだけの指揮能力が必要だ。
つまりは、それだけ山岳戦は難しいってことだ」

それから、いぶかしそうにアンドレスを見た。
その目は、「果たして、おまえにそれが指揮できるのか?」と、言わんばかりの色だった。





アパサは腕を組みながら、椅子に反り返る。

「逆に、スペイン軍が高地に陣を張り、我々インカ軍が低地を占拠したとしよう。
そうなれば、敵も同じように、急いで下山を試みるだろう。
だが、そうしながら、恐らく奴らは背後の高地に砲兵隊を配置して、低地に結集したインカ軍を砲撃してくるだろう。
火器の威力は凄まじい。
砲兵隊に我々は無残に蹴散らされ、たちまち戦況は奴らに有利になるかもしれん」

そこまで言うと、アパサは考え込むように押し黙ってしまった。



蝋の残りが少なくなった燭台の炎はひどく不安定に揺れながら、険しい表情で宙を見つめるアパサの横顔に深い影を落としている。

アンドレスとて、火器がない状態でいかに戦って勝利に導くのか、そのことを考えない日はなかった。
彼は、いっそう揺れの激しくなった蝋燭の炎を見つめた。


「火器を手に入れればよいのではないですか」

不意に沈黙を破ったのは、アンドレスの方だった。

「銃や大砲そのものは、この国にあるのです。
スペイン人が持っているだけであって、それをうまく手に入れればよいのではないですか」

アンドレスは、思っていたままを、思い切って話した。

「方法を考えればいいのです。
手に入れるための方法を」

アパサに何を言われてもかまわない。
アンドレスの眼差しには、覚悟の色が見える。


しかし、意外にもアパサの罵声は飛んでこなかった。

「それはその通りだな。
だが、実際には、かなり難しいだろうよ。
それに、たとえ手に入っても、そう大量には無理だろう。
その上、銃はともかく、大砲の扱い方なぞインカ族の誰が知っている?
――だが、確かに、手に入れる方法を考える価値はある」
121
最初 前へ 118119120121122123124 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ