コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~
アフィリエイトOK
発行者:風とケーナ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/06/20
最終更新日:2012/01/07 14:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
コンドルの系譜 ~インカの魂の物語~ 第9章 若き剣士
アパサは相手の答えも待たずに、「基本が全くなっていないからだ」と、あの冷淡な声で続ける。
そして、「武器を置け」と指示して、アンドレスの1メートル程前に立った。

「まず、立ち方からだ。
構えるつもりで立ってみろ」


己の言葉に素早く応じたアンドレスの立ち姿を、彼は厳しい目でじっと観察する。
実際、アンドレスの場合、体型的なバランスはかなり良い。
きちんと左右の足に等分の力も入っている。


アパサは頷き、「どうしたら、もっとバランスを高められると思う?」と、おもむろに質問を投げてきた。

「重心を低めることでは?」というアンドレスの答えを、手で振り払うようにして、「そんな抽象的な答えではない」と制してから、息を深く吸い込んだ。

「『気』を下に落とすのだ。
いいか、息を深く吸う、それを丹田にスッと溜める」


アンドレスはアパサの指示のまま、実際にやってみる。
確かに、重心、というか、自分の中心が、スッと体の中央におさまる感覚がする。

アパサはまた頷いた。

「そうだ!
そして、地面をしっかりと足裏でとらえる」

それから、「どうだ?地中からのエネルギーが伝わってくるのが感じられるだろう」と、輝くような力の漲る眼差しでアンドレスの顔を覗き込んだ。
アンドレスは、これまでとは違うアパサの表情に、力強く頷いた。


「そうだ!
そして、そのエネルギーを攻撃のパワーに転化するのだ!!」

切れ味のよい刃物のような面持ちで、再びアパサがアンドレスを見る。

「次!
構えだ」 


彼の指示に従い、アンドレスは棍棒をサーベルに見立て、構えの姿勢をとってみる。

今の自分の筋力では、とても片手では扱いきれない代物だった。
まだ、この異様に重い鈍器が手になじまない。

無意識に構えをつくり直した。


その瞬間、アパサの険しい怒声が飛んだ。

「一度決めた構えをつくり直すな!
死ぬか生きるかという時に、構えをつくり直している暇などあるか」

そして、厳しい目でアンドレスを睨む。

「いつでも戦場にいると思え」
111
最初 前へ 108109110111112113114 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ