spring
spring
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/04/06
最終更新日:2012/09/23 23:16

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
spring 第1章 first contact
このまま休もうと、押さえつけていた力を緩めて、もう一度そっとハルを胸に抱き寄せた。

だけど、意外なことにハルの身体は熱が灯っていて、下半身が反応しているのが密着した身体から伝わってくる。


「‥キス、気持ちよかったの?」


小さな顔を覗き込めば、真っ赤になっていた。




「‥、可愛い」


理性の糸が、ぶちっと音を立てて切れたのを、どこか冷静なもう一人の自分が聞いていた。







下着の中に手を滑り込ませて、熱を持ったそこを包み込むように握って抜いてやれば、直ぐに濡れてきた。


「はぁっ、やぁ」


「ヤらしいな…。キスだけでこんなになって」



ハルの顔は真っ赤で、目尻には涙が滲んでた。


「ひゃあっ、待って、俺がするからっ」

「ああ。
だけどその前に、ハルがイクところが見たい」


「やんっ、」


つっ、と少し強めに裏側を撫で上げれば、高い声を出して身を捩った。

可愛い‥。

快感についていけないのか、身体を震わせるだけで、されるがままだ。

あんな場所に立っていた癖に、まさかの不慣れな反応がどうしようもなく可愛い。

身体を起こして、ハルのパジャマも下着も脱がせた。その間も、中心を刺激し続けるのは止めない。


「‥ハルはこんなところまで可愛いね」

若い性器は興奮して紅く色づき、蜜で濡れて光っていた。



「やぁ‥、」



片手で顔を隠し、白い脚が恥ずかしげにシーツの上を滑って下半身を隠そうと身を捩った。


「駄目、ちゃんと見せて」


「あっ、やだっ」


両膝の裏に手を入れて、ぐっと脚を拓かせて、胸に付くほど折り曲げさせた。その間に自分の身体を割り込ませれば、隠されていた秘部が目の前に晒された。


可愛いピンクだ‥。
6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ