spring
spring
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/04/06
最終更新日:2012/09/23 23:16

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
spring 第1章 first contact
「‥、いっぱい頼んだね」


風呂から上がった彼はテーブルの上を見て、ちょっと呆れた声を出した。


「お腹、減ってるみたいだったから。
ステーキで良かった?」


テーブルの上には彼の為のステーキのセットと、モッツァレラチーズや生ハムのサラダなんかの前菜と、自分用のパスタが並んでいた。



「ありがとう」



意外にも素直に礼を言って、彼は食事を始めた。

フォークとナイフで食事する様子は、どこか品がある。



「名前は?」


「‥‥‥」


彼は食事の手を止めて、大きな目で不機嫌そうに睨む。

関係ないだろ、といいたげだ。



「本名じゃなくていいんだけど。
名前、わからないと不便だろう?」


「‥ハル。アンタは?」


ハル、
可愛い名前だ。
直感で本名だと、何故か思った。




「さくらだよ」


だから、自分も本名を答えていた。



「桜木さん?」


「名前がさくらだよ」



「‥随分可愛い名前」



「本名、だよ?」



「別に何でもいいんだけど。
ご飯、美味しいし」



ハルは細身の体に次々、肉やら野菜やらを詰め込んでいく。本当に腹が減っていたんだろう。


「家出?」


「そうだよ。春休みだから」


また睨まれるかと思えば、あっさり肯定さた。


「ニュースでもやってたけど。
何で春休みになると家出するんだ?」


「逃げたしたくなっちゃうんじゃない?閉塞的で不安ばっかの家庭から」


「何が不安なの?」


「情けない父親や、ヒステリックな母親、痴呆の始まった婆さんとか?」


ハルは小首を傾げながら、そんな事を言う。



「そうなの?」


「さぁ、知らないけど」


いったい誰の話をしているのやら、ちょっと笑った。
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ