spring
spring
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/04/06
最終更新日:2012/09/23 23:16

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
spring 第3章 second contact
「サクラのも、する?」


少し息が落ち着いてくると、自分だけ先に気持ちよくなったことに羞恥と罪悪感が湧いてきた。


「ん…。して欲しい」



サクラの下半身に触れると、そこは硬くなっていた。


「直接、触れる?」


「うん‥」


サクラは横になっていた上半身を起こすと、着ていた服を脱ぎ捨て俺の手を自身に導いた。


明かりを絞った室内でも、サクラの身体は綺麗だった。前は気づく余裕もなかったけど、しなやかな美しい肢体だ。



「おっきい…」


思わず声に出ていた。
直接触れたそこは凄く硬くて、おっきい…。


「‥ハル、泣かされたくなかったら、そういう事は言わない方がいい」


呆れた風を装ってるけど、サクラの声は凄く熱かった。怖いぐらいの色気がサクラから滲みだしていた。



「だって、約束したっ、
サクラ、俺がやだって言うことしないって」


「ああ‥、大丈夫。続けて」


熱い吐息を吐き出しながらも、優しく先を促す。微笑むサクラの目元が物凄く色っぽかった。


「気持ちいい…?」


「いいよ…」



もっとサクラを気持ちよくしてあげたいと自然と思った。


なのにベッドに跪くようにしてサクラの下腹部に顔を埋めようとすると、焦った手に止められた。



「ダメなの…?」


「ダメじゃない、ハルはいいのか?」


「ん…、したい」



口に含んで、陰圧をかけて吸い付くと、ビクッとサクラの身体が震えて、熱い吐息が漏れた。


夢中で口淫を続けていると、サクラの手に尻を撫でられる。


「ふぁ、ふうっ」


サクラの手は明確な意思を持って、尻の割れ目を行ったり来たりする。その手から逃れようと腰を捻っても逃がしてはくれない。

不意につぷっと、‘そこ’に指が押し入ってきて、とっさに口のモノを離した。


「ダメっ、抜いて、抜いてっ、やだ」


「ハル…。どうして?」


「駄目だよ‥。入らないもんっ、
痛いのやだ」


「なら、指だけにしよう。それならハルだって怖くないだろう?」


「‥口でするから。俺ちゃんと出来るから待って」


「お口、疲れただろう?
今度は俺がハルを気持ちよくしてあげたい」
17
最初 前へ 14151617181920 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ