spring
spring
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/04/06
最終更新日:2012/09/23 23:16

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
spring 第3章 second contact


「ぁっ、」


長い指が執拗に胸の尖りを弄ってきて、それだけなのに腰が重くなってしまう。

サクラの熱の灯った瞳が駄目なんだ。


駄目だってわかっていたのに、俺はまた自分からサクラを誘っていた。

だって、会いたかったんだ。サクラに会いたくて、週末になるのを待ってこの街に来た。
何でかは解らない。
酷い目にあわされと思っていたのに。



「ハル、キスしてもいい?」


「聞くな…」


答えれば、直ぐに唇をふさがれた。
ゆっくりと重ね合わせる優しい口づけだった。


その間にも、サクラの指は俺の身体をあやしく弄って、次々に耐え難い快感を生み出した。


下半身に触れられたとき、俺の身体はもう、隠せないほど感じてしまっていた。


「は、うんっ、」


「‥汚さないうちに、服を脱ごうね」


サクラは顔から火が出るほどイヤらしい声で耳元に恥ずかしい言葉を囁く。
ずくっと、腰に響く声だ。


「っ~~~」


「あぁ、もう濡れてるの…?」


パジャマのズボンが脱がされ、下着の上から立ち上がった中心に触れられ、手に握り込まれた。



15
最初 前へ 12131415161718 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ