spring
spring
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/04/06
最終更新日:2012/09/23 23:16

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
spring 第2章 searching,
「食事、ゴメンね。またホテルで」


何か美味しい物をと思ったけど、時間は既に22時を回っていて、今からじゃレストランのラストオーダーに間に合わなかった。

それにハルは人目に付くところを嫌がったから、仕方なく前と同じホテルで、ルームサービスを頼んだ。



「いいよ、美味しいから」



ハルはよっぽど肉が好きなのか、今日はハンバーグを食べている。



「アンタは足りるの、そんなんで?」


俺は、ハルを前にしたら何だか腹も胸もいっぱいで、米やパスタを食べる気にはなれずサラダを食べていた。


「ああ、充分だ。
ハルも野菜、食べな」


「ありがとう」


小皿に取り分けてやると、素直に受け取って口に運ぶ。ハルは相変わらず、細い身体でよく食べた。




















ザァァァ‥


前回と同じく、先に風呂に入ったハルがシャワーを使う音を聞いていた。

俺は既に、ハルの細い身体がどれほど甘やかな快感を生むのか、整った繊細な顔がどれほど淫らに乱れるのか知っている。

だけど、触れることは叶わない。


いいんだ、それで。
そう約束したんだから。
少なくとも、今晩、彼は俺の傍にいてくれる。
13
最初 前へ 10111213141516 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ