☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)10(FINISH)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)10(FINISH)
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/04/12
最終更新日:2012/04/12 00:01

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)10(FINISH) 第4章 赤木りんの仕事1・触発された爆乳の仕事を爆乳の自分が見るって話
 「どういう風に見たらいいのかなぁ……」ビルの中に2人で入る時、ぷぅ子は緊張する自分に何かを言って欲しくてつぶやいた。すると隣はこう返した。

 「どう見ようがぷぅ子の自由。そこで何かを得ようと得まいとぷぅ子の自由。全部お前のセルフ責任だ。見させてもらった経験が自分に生きるも生きまいもお前で決まる」

 あまり優しい言葉はかけてもらえなかった。少し冷たいかと思うような雰囲気や言葉。一緒に歩いてエレベーターに乗る淳は、ぷぅ子に優しくあれこれ言うような事はしない。緊張しようとしまいと、全てはぷぅ子自身だと言っているよう。

 だからぷぅ子。非常に真剣に見なければいけないのだと思った。そういう目線で見ないといけないのだろうと。

8
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ