☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)10(FINISH)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)10(FINISH)
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/04/12
最終更新日:2012/04/12 00:01

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)10(FINISH) 第4章 赤木りんの仕事1・触発された爆乳の仕事を爆乳の自分が見るって話
 「赤木りん……かぁ」地下鉄の階段を上がって外に出たぷぅ子。肩にバッグをかけ、左手に持つメモの地図を見る。

 赤木りん、自分が触発された女。ブスで大爆乳なのにセクシーアイドルからAVへの転進で成功した女。だからぷぅ子は自分も同じ事をしようと思った。その女の仕事を見るとは不思議な気分。

 ビルの前が見えてくると、外でタバコを吸っていた淳がぷぅ子を見つけて手招きする。「今日のはただの見学とは違うんだぜ?」とぷぅ子に気合を求めるように言った。

 赤木りんはぷぅ子より先行くプロ。それを見学するなんて普通は出来ないのだから気合を入れてくれよと淳は促す。だからぷぅ子はちょっと緊張してしまう。
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ