☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)10(FINISH)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)10(FINISH)
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/04/12
最終更新日:2012/04/12 00:01

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)10(FINISH) 第3章 赤木りんの仕事・ぷぅ子のセクシーアイドルは終わりだから見学させたい
 「いいけど、ぷぅ子を見学させてもいい?」淳はぷぅ子に撮影現場を見学させてやって欲しいと頼み返した。

 ぷぅ子? 先輩は見学なんて好ましくないと首を振るが、淳はお互い持ちつ持たれつでやろうよと相手に酒を注いでやる。ぷぅ子はもうセクシーアイドルとしては終わった。本人も自覚しているので、後はAVに直行するだけ。

 「つまりぷぅ子もAVになるわけ。だったら見学させてやってもいいでしょう?」淳は頭を下げてお願いする。

 ぷぅ子がセクシーアイドルなら見学はさせないしさせた事もない。でもAVに行くのはもう決まっていて本人も気合十分。だから赤木りんの仕事を見させてやりたい。お願いします、頭を下げて何度か頼んだ事で見学の話は決まった。赤木りんをぷぅ子が見学する。
6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ