☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)10(FINISH)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)10(FINISH)
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/04/12
最終更新日:2012/04/12 00:01

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)10(FINISH) 第6章 セクシーアイドルとして売れなくなった・ぷぅ子のAV契約・1億円の重みにあるもの
 タバコを銜える社長は、面倒な前置きは嫌いだからスムーズに話をすると切り出して火をつけた。

 「1億円でいこう。AVギャルとしての君と1億円で契約する」

 社長の言葉に、ぷぅ子は思わず開いた両手を見てしまった。1億。確かに1億と聞こえた。1千万円ではなく1億円。

 ただし。社長はそう言ってぷぅ子を見る。続けられた言葉は次の通りだった。1億円は5本契約の値段。ぷぅ子には5本出てもらう。1本2000万円だから、ぷぅ子は赤木りんを超えた。

 「しかし、君がその後でどんなに売れようとも再度の契約はしない。君とは契約は1回きり。1回きりの1億円だ。売れても売れなくても、5本が済んだら君にはここを出て行ってもらう」
19
最初 前へ 16171819202122 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ