☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)9
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)9
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/04/05
最終更新日:2012/04/05 00:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)9 第4章 ぷぅ子がAVギャルに流れさせる前の「間持たせ」・最良のタイミングで移行して1億だ
 ここで携帯に電話がかかってきてバイブレーション。寝転んでいたぷぅ子は寝返りを打ちながら携帯を耳に。

 「あぁ、淳さん。完璧に撮られちゃったよ、痛いよねこれは」

 電話を耳に当てながら、体を横にしながら谷間に手を入れて、タダで見られるのは厳しいなと苦笑。

 淳は、ちょっと休戦しろとぷぅ子に伝えた。自分がそのおっぱいを見られた事は完全に無視するように。肯定もしないが否定もしない。完全にスルー。まずはスルーだと指示。

 世間のおっぱい星人は、しばらくはぷぅ子の乳を気にする。その間に、もう1本だけセクシービデオを発売して繋ぐ。そしておっぱい星人の熱がいやらしく盛り上がった時にAVに行こうと淳。

 「時期さえ間違えなきゃ、ぷぅ子は1億取れるぜ」

 「1億! 1本で一億?」

 「いや、数本契約でな。でも1億なら赤木りんを超えた」

 「数本契約でも1億円……私が1億円……」
13
最初 前へ 10111213141516 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ