☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)8
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)8
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/29
最終更新日:2012/03/28 23:55

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)8 第2章 爆乳エレンの撮影現場は魂の聖域・ぷぅ子とてセクシーアイドルの時点では立ち入り禁止
 「私ね、やっぱり淳さんに監督してもらうのが一番いいよ」

 そう言って握手を求めて手を出した。絵描きと素材の魂の融合。

 淳という人は尋常ではないほど豊かなおっぱいが好きで、それと持ち主である女の2つを描くのに命をかけている。エレンは明らかに、淳は魔法の持ち主だと思い気に入っている。

 「よろしく。久しぶりにエレンのおっぱいは俺がもらう」そう言いながら、淳も手を出して仕事前の握手を交わす。魂の契り。

 撮影のフロアへと、階段を上がっていくエレンは常に淳に描いて欲しいと思っている。だがそういうわけにもいかないのが現実だった。淳以外の監督が描くと、淳が描いた時のような魔法も無ければ評価も付かない。エレンは時々、それを不服のように感じる。

 「さて、そろそろ俺も行くかな」と、タバコを消して階段を上がろうとした。そこにエレベーターが到着して扉が開く。

 
6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ