☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)8
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)8
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/29
最終更新日:2012/03/28 23:55

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)8 第2章 爆乳エレンの撮影現場は魂の聖域・ぷぅ子とてセクシーアイドルの時点では立ち入り禁止
 3階の階段の所で、そこにある灰皿の前で淳はタバコを吸い、これから行う撮影の絵心を入念に確認したりチェックしているようだ。

 「淳さん、おはよう。今日もよろしく」主役のエレンが階段を上がってやってきた。撮影は4階で行われるが、ここに立ち寄ったのは淳がここでタバコを吸うと知っているから。天才と称するこの男はヘビースモーカー。吸っていると思っていたらしい。

 「おぉ、エレン! エレンの作品手がけるのは久しぶりだからさ、俺も気合が入る。やっぱりエレンの大きいおっぱいっていいなぁ」

 着衣姿の魅惑的なボリュームの胸のふくらみを見たら、頭の中のイマジネーションが固まっていくようだ。エレンはデビュー作を淳に監督してもらって以来、何とか爆乳AVギャルとして波に乗れた。自分をブスな大爆乳と悩んだ昔は吹っ切れたらしい。

5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ