☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)8
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)8
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/29
最終更新日:2012/03/28 23:55

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)8 第13章 大向三奈子とぷぅ子1・真夜中の喫茶店
 「あぎぅ……」突如、胸の上に置いていた携帯がバイブレーション。変な感じに揺らされ慌てて手に取ってディスプレイを見た。

 「誰……」知らない電話番号。出ようか出まいか悩んだが、何やら出るべきという気がしたので耳に当てた。

 「ぷぅ子? ぷぅ子で合ってるでしょう?」

 最初は誰か分からなかったのだが、相手は大向三奈子だという。思わず驚いて体を起こす。

 「こら、どこで私の電話番号を盗んだ!」

 聞けば松山らしい。ちょっと色気を出してお願いしたらすぐに教えてくれたとか。ちょっと情けない話にぷぅ子は切なくなる。
46
最初 前へ 43444546474849 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ