☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)8
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)8
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/29
最終更新日:2012/03/28 23:55

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)8 第13章 大向三奈子とぷぅ子1・真夜中の喫茶店
 夜、疲れたと思いながら帰宅したぷぅ子。カバンを放り投げ、大の字になって大きく息を吸う。

 「疲れた……」思ったより楽じゃないらしい。AVへ移行する際のハク付けとしてのセクシーアイドル。しかし適度に売れないといけないから仕事もそれなりに大変なようだ。

 「楽じゃないね、赤木りんを超えるのは」

 赤木りんも苦労したのだろう。今さらそういう事が浮かんでくる。

 大の字になりながら、右手で前髪を撫でて思うのは、自分の状況がよく分からないという不安。売れている? どのくらい? いつ頃が止め時? そういう事が分からなくて不安になる。
45
最初 前へ 42434445464748 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ