☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)8
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)8
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/29
最終更新日:2012/03/28 23:55

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)8 第9章 Queerな対面3・ぷぅ子は正直でありたい・話を聞きながらオバはちょっと衝撃を
 小幡久美の胸がドキドキしてたまらない。風俗で働いていた大爆乳さん。それが今度は大爆乳のセクシーアイドル。

 今までそんな女子は周りに一人もいなかった。話で聞くような事はあっても、実際にいなければ実感も沸かず。胸がドキドキしてしまう。自分の中の戸惑いを捨てなければいけないと。そういう生き方もあるのだと理解できる自分でなければと。

 恵はぷぅ子に、そんな事は言わなくてもいいのにと手遅れながら言わずにいられなかった。黙るかウソで濁せばいいのにと恵。

 でもぷぅ子は、テーブルの上のスナックを食べながら、今さらウソを言っても仕方ないじゃんと笑う。そもそもセクシーアイドルはステップのつもり。ぷぅ子は言う、セクシーアイドルで名前を売ってからAVに言ってお金を稼ぐ思い描きだと正直に。

29
最初 前へ 26272829303132 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ