☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)8
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)8
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/29
最終更新日:2012/03/28 23:55

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)8 第9章 Queerな対面3・ぷぅ子は正直でありたい・話を聞きながらオバはちょっと衝撃を
 ドリンクをコップに注ぎながらオバがぷぅ子に聞いた。セクシーアイドルをやる前は、何かアルバイトでもしてたの? と。別に悪気はなかった。何をしようと人はそれぞれと思っているから。

 「あっと……風俗やってた。爆乳専門店で働いてたよ。こういうおっぱいだから天職かな? とか思ってたんだ。あの頃の私は」

 「んぐ!」ジュースを飲んでいたオバは思わずこぼしてしまう。Tシャツの胸にべっとりとジュースがかかり、Cカップのブラが濡れて見えてスケベな絵になってしまった。

 慌ててティッシュで拭きながら焦ったのは、自分が他人の仕事に偏見を持っていると思われたくなかったからだ。偏見を持つ女だと思われたくない。今の反応相手を傷つけたかとオバは怯えてしまう。

 「いいよ別に。風俗とか爆乳とか響きが悪いもんね。今さら気にしてない、私ってバカだから気にする事ないよ」

 ぷぅ子は、相手がそういう反応をしても気にしていないと伝えた。気遣う心だったかもしれないが、オバは余計に不安になってしまう。もしかすると自分の無意識の反応が、それが相手にイヤな思いをさせてしまったのではないかと。
28
最初 前へ 25262728293031 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ