☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)8
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)8
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/29
最終更新日:2012/03/28 23:55

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)8 第6章 ぷぅ子の友人・恵は他の友達に彼女を紹介してみようかと思った・Queerな感覚の実体
 ぷぅ子の友人である恵。ちらほらとぷぅ子がセクシーアイドルとして活動している姿を見ていた。自分が周囲の目で見てみる限り、ぷぅ子の有名人としての大きさは測りにくいkれども応援をしている。よって友人がTVに出てくる時は録画して見るようにしている。水着で出てくると少し目がつらいのは我慢して見るようにしていた。

 友達が有名人。それは一体どんな風に見えるのかと思っていたが、実際にぷぅ子がアイドルになると非常にQueerだった。

 Queerなる感覚。それはとても新鮮だったと言ってもよい。友人のぷぅ子がTVに出る、雑誌などでもチラホラ見る。なのに手の届かない場所にいるという気がしない。これがQueerでなくてなんだろう。恵はぷぅ子がどこで生活しているか分からない存在に思える。
22
最初 前へ 19202122232425 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ