☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)8
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)8
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/29
最終更新日:2012/03/28 23:55

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)8 第3章 なんと三奈子の乳が世間にバレている! 可哀想に……これからどうするんだろう?
 「あぁ……頭が痛い」ぷぅ子は、ノート型のパソコンを少し遠ざけると、両腕を机の上に置き、豊かな胸のふくらみをクッと押し付けながらうつ伏せになった。

 不思議と、まるで我が身を斬られたような痛みがある。大向三奈子など嫌いなのだが、自分の事のように痛い。きっとそれは、志を途中で邪魔された者を哀れだと思うからだろう。

 「……なんで私が泣くんだ」

 うっすらぷぅ子の目に涙が浮かんだ。胸が哀しいのかもしれない。

 どうしてか涙が出てくる。どんな野心であろうと野望であろうと、それを横から邪魔され食われる事の悲しさと切なさよ。ぷぅ子は、まるで自分の事のように泣いてしまうのだった。大向三奈子、哀れなリ。
16
最初 前へ 13141516171819 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ