☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)8
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)8
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/03/29
最終更新日:2012/03/28 23:55

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)8 第3章 なんと三奈子の乳が世間にバレている! 可哀想に……これからどうするんだろう?
 タバコを吸い始めた松山の言う所によれば、大向三奈子の着替えシーンだとか大騒ぎになっているらしい。何せ現役アイドル、しかも売り出しが始まって勢いにのる少し手前。

 これは普段セクシーアイドルに興味を持たないスケベも騒ぐ。だからこの動画はハクが付く。もちろん大向三奈子という女子を不幸に貶め、男だけが喜ぶというドス黒い代物なのだが。

 「こんな事ってあるんだ……」ぷぅ子は画面を見ながら、まず半分は同情した。いかにムカつく相手でも、これは酷い。ただ女の名誉を傷つけられただけではなく、路頭に迷いかねない悲劇。

 残りの半分としてぷぅ子は、こういう事は自分の身にも起こるんだろうかと考えてしまう。それに対して松山は、こういう事は起こりうるから、ぷぅ子ちゃんも注意しないといけないと伝えた。


 「松山さん、ちょっとパソコン見させて」

 仕事に向かおうとする松山に、ちょっとパソコンを見せて欲しいと伝え、無線LANでネットが見れるようにしてくれとも頼む。

 頼まれたとおり、無線LANでネットに接続したパソコンをぷぅ子に預けておく。そして松山は会議室を出た。
12
最初 前へ 9101112131415 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ