MaraSon Part2
MaraSon Part2
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:MaraSon

公開開始日:2012/03/20
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
MaraSon Part2 第11章 Epilogue-1
 僕は日曜、二人を帰したあと休みもせずビデオのチェックをした。千金の価値のある内容だった。簡単には売る気にならない。れいじくんには見せようと思う。「保険」でもあるから。売るなら、大樹君がもう大きくなって、僕の興味が失われてからだ。長くて三年で、そうなってしまう。僕らの悲しい性(さが)だ。
 月曜日の朝、大樹君を見かけなかったので、夜にメールを送った。短い、「仲良し父子」の動画をセットして。返事の文面から大樹君の上機嫌が伝わってきた。彼には背徳感や罪悪感なんてこれっぽっちもないみたいだ。目標に向かってまっすぐ進めるようになって、気持ちが安定して生き生きしている感じだった。僕は意地悪く、お尻の具合はどうだ、と訊いてみた。まだ痛いし、油断するとうんちか何か漏れそうだ、学校にはがんばって行ったけど、ジョギングと体育は休んだ、どのくらいで治りますか、とか露骨な返事が返ってきて、僕は一人で照れてしまう。

 思わぬ展開があったのは、水曜日だ。小雪が舞い、冷え込みが厳しかった。夜中、僕はもう入眠していたはずだけれど、時ならぬチャイムの音に飛び起きた。ドアーチャイムだとわかるのに、少し時間がかかった。目覚まし時計を見ると、一時前だった。
 続いて、どんどんどんどんと、ドアを叩く音がする。こんな時間に誰だ? 何事だ。……もしかして警察か? やはり僕は大樹君ら父子に裏切られたのか? いや、僕には心当たりが多すぎる。全く別の理由で、いつ警察に踏み込まれてもおかしくはない。
 僕は寝間着のまま、玄関に歩いて、片目でドアスコープを覗いた。
 大樹君だ! 暗い視界だが、水色のストライプの寝間着姿だ。この小雪の舞う厳寒の深夜に、尋常ではない。僕はドアを開けた。
 大樹君が倒れ込むように中に入ってきたので、僕はすぐにドアを閉めた。ロックもかける。大樹君は僕にしがみつき、腹のあたりに顔をぴったりつけた。
「何事だ? こんな格好で夜中に。風邪ひくぞ。健康第一って言ったじゃないか……」
 大樹君は僕のからだに顔を当てたまま、しくしく泣きはじめた。僕の中の何かが疼いたが、自分でもそれが何なのか説明できない。大樹君は素足に汚れた運動靴だ。
「話してくれなきゃ、わからない。とにかく中に入るぜ」
78
最初 前へ 75767778798081 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ