MaraSon Part2
MaraSon Part2
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:MaraSon

公開開始日:2012/03/20
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
MaraSon Part2 第10章 7
「いいね。じゃ、ご主人様として、もう少し君に注文しよう。まずは受験に成功すること。それも君のブランド力を高めるし、日々が充実していることで、健康で明るい子でいられるだろうからね。受かったら、運動部に入ろう。僕はぽっちゃりも嫌いじゃないが、せっかく摂生されたきれいなからだをしてるんだ。大事にしよう。幅広い客に対し、その方が商品価値が高い。ただね、筋トレのしすぎは要注意。君はお父さんみたいな感じにあこがれているかも知れないが、僕はあまりムキムキなのは好きじゃない。まあ君の体質ならなりそうにないけどね。陸上の長距離とかいいかな」
 大樹君はうなずく。
「そうそう。来週だけどね。君まだ私立小学校の時の制服、持ってる?」
「……捨ててはいない、ですけど……」
「今も着られるかな」
「わかんない、です」
 大樹君はうつむき、唇を噛んでいる。これはちょっとかわいそうだったな。嫌なこと思い出すよな。惜しいけどな。
「じゃ、それはいいよ。あのね、じゃ、お父さんに写真撮ってもらった時の下着は?」
 大樹君はちょっとうつむいたまま、父親の方を向いた。
「残ってます……」と父親は答えた。
「なるほど。じゃそれを、来週持ってきてくれる? 一通り」
「わかりました……」
 うつむいたまま、ちょっと抵抗ありそうに、大樹君は答えた。
「では来週。ですね。二人ともオナニー禁止。あ、まして、二人で勝手にエッチなことも、しちゃダメですよ」
 僕は冗談めかして言ったのだが、二人は揃って、強く繰り返し首を左右に振った。意外とこの父子は、似ているのかもしれない。

76
最初 前へ 73747576777879 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ