MaraSon Part2
MaraSon Part2
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:MaraSon

公開開始日:2012/03/20
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
MaraSon Part2 第1章 1
JUN:正直さすがにやり過ぎたと思ってるんだ。なぜここまでやってしまったのか自分でもわからない
れいじくん:気持ちはわかる気がするよ。僕たちはもともとはみ出してる。だからこれはと思った時に、歯止めがきかないんだ
JUN:そうかも知れない。とりあえず幸運を祈っててくれ
れいじくん:もちろん、祈ってますよ。こんな動画を、使う必要ないように。……あ、もちろん、個人的には使わせてもらいます
JUN:好きにしてくれ

 ……それから僕は、話をだいちゃんのことに変えた。悲しいことに賞味期限切れは近い、もともとからだが大きめだから、などと言う。あそこまで調教されて放り出されたら、彼はどうするんだ。全くひどいヤツだ。人のことは言えないが。

 れいじくんとのチャットを終え、僕は手早く大樹君の動画を編集した。射精部分を含む三十秒を抜き出して、携帯でも再生できるサイズと形式に変換した。HD動画は横が長い。トリムが面倒だった。
 僕はそのままパソコンに向かい、ブラウザからGmailのログイン画面に移動した。ログインし、iPhoneを見ながら、大樹君のアドレスを打ち込んだ。

From:JUN
To:hiroki.xxx@gmail.com

 件名に、「僕の奴隷君へ」などと打ち込んでしまい、僕は一人で赤面してそれを消した。

6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ