MaraSon Part2
MaraSon Part2
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:MaraSon

公開開始日:2012/03/20
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
MaraSon Part2 第7章 5-1
 真上から彼を覗き込む僕の笑顔に、少しぼんやりした目で、うなずき返す大樹君。できるだけぴったりと、お父さんのからだにくっつこうとしている。それはからだが冷えて、寒いからというだけの理由からだろうか。
 もちろん僕の言葉は、やはり別の意味でぼんやりしていた父親の耳にも届いていた。相当ひきつった目で、僕をベッドから見据えていた。
「相手が女性でも、アナルセックスの経験は?」
 僕はお父さんに訊いてみた。慌てたように首を振る。まあ普通、ないよなあ。
「大丈夫ですよ。申し訳ないが、先週僕は大樹君とアナルセックスしました。ああ、こういう言い方がフェアでなければ、僕は大樹君を、レイプしました。僕ぐらいのはすぐ入ったんですよ。肛門の括約筋というのは、わりと融通がきくもので、じっくりやればかなり拡がるんです。破れたり切れたりせずにね。フィストファックもフィクションじゃないんですよ。お父さんのはそりゃ、かなり大きいですけどね」
 大樹君の腕よりは、太いかもね。僕は父親と大樹君の両方に、こんな言葉を聞かせている。ぼんやりしている大樹君も、恐くなってくるだろう。それとも、少しは何か、期待してる?
54
最初 前へ 51525354555657 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ