MaraSon Part2
MaraSon Part2
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:MaraSon

公開開始日:2012/03/20
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
MaraSon Part2 第1章 1
JUN:こんばんは
れいじくん:おひさー
JUN:おひさでもないだろw この前チャットしたの元旦じゃなかったっけ
れいじくん:そうだったかな、ま、今年もよろしく
JUN:その挨拶ももう遅いってw
JUN:それより今日は大事な用がある。例のフォルダを見てくれ
れいじくん:お、新年早々新ネタ? 楽しみー
れいじくん:でかいな。HD動画だね。
JUN:うん。今回はとびきりの危険物だ。取り扱い注意で頼む
れいじくん:ますます楽しみだね

 数分、沈黙が続く。互いに光回線とはいえ、十分以上のHD動画は、相当重い。

れいじくん:きた!
JUN:開ける?
れいじくん:OKみたいよ
れいじくん:これ、すごいね。
れいじくん:すごいな。でもセンセイひどいね。ついに本性を現したって感じw
JUN:君にだけは言われたくないw それにセンセイは君だろ

 とは言ってみたものの、そういや、最初の「自己紹介」で大樹君は僕のことを「ジュン先生」って呼んでたっけ。

れいじくん:だって僕無理矢理は苦手だよ。優しいお兄さんだし
JUN:よく言うよ
れいじくん:すごい。しかもかわいい。五年生くらい?
JUN:六年生。ただ早生まれでまだ十一歳だそうだ
れいじくん:小柄だね。癖毛がいい。目つきがたまらないね。色白の、丸顔。胸の文字はセンスに欠けるけどね

 彼が見るところはだいたい、わかっている。好みは僕に似ている。

4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ