MaraSon Part2
MaraSon Part2
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:MaraSon

公開開始日:2012/03/20
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
MaraSon Part2 第2章 2
「お父さん」
 僕が呼びかけると、父親はまた、びくっとしたように頭を上げ、怪物でも見るような怯えた、あるいは嫌悪感も含んだ目で、僕を見た。けっこう、存分に嫌ってくれていい。
「息子さんの覚悟は聞きました。でもお父さんは、どうなんです? 本当に大樹君のやろうとしていること、いや、彼は未成年ですから、ま、一般的には僕らが彼にやらせようとしていること、その意味、わかってます?」
「私は……」
 父親は僕と目を合わせることができず、口ごもる。
「僕は悪人で、法律の面から言えば、そう、はっきりと、犯罪者です。これからも大樹君に、悪事を働こうとしている。でもね、お父さん。お父さんも共犯ですよ。それはわかってますか?」
 何も言えない父親を前に、大樹君が何か言おうとしたけれど、僕は手つきでそれを封じた。これは大人の問題だ。
「ただね。もし、もしもですよ。このことが露見したら、僕の罪は相当重い。お父さんの方は、そうでもないでしょう。世間の目は相当厳しいとは思いますが、刑事罰としてはね。実行方面では僕と大樹君ばかりが動くわけですから」
 僕は父親に皮肉っぽい笑みを送ったが、僕と目を合わせようとしない彼に届いたかは、わからない。
「そうなると、逆にまともな父親ならば、いつかね、こんなことは息子のためにならない、やめさせなくては。警察に正直に全部話そうって、なるかも知れない。僕はそれが恐い」
 大樹君が腰を上げて「それは……」と何か言いかけたのと、父親が「私は、そんな……」とやや強く答えたのが、同時だった。僕は手のひらを彼らに向け、二人の言葉を遮った。
「僕はね。お父さんにも相応の覚悟を決めてもらおうと思います。深い罪に踏み込み、秘密を僕と、大樹君と共有するんだ」
 すぐには意味はわかるまい。父親にも、大樹君にも。
「簡単なことです。今ここで、お父さんが大樹君を犯す。言葉が強すぎるなら、セックスする、でもいい。それを僕がビデオ撮影し、『保険』として確保する」
25
最初 前へ 22232425262728 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ