MaraSon Part2
MaraSon Part2
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:MaraSon

公開開始日:2012/03/20
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
MaraSon Part2 第2章 2
「バカでしたね」
 僕は冷たく言い放った。父親はがっくりとうなだれたが、急に大樹君が怒ったような声を上げた。
「そんなことないよ! 今でもお父さんは二つも仕事して、倒れそうなくらい毎日がんばってる。僕はいいって言ったんだ。写真くらい。でもお父さんがダメだって言うから、あきらめたんだ」
 大樹君はあらためて僕を見つめる。睨むように。
「今度は僕が自分で決めました。先生、ダメですか。僕じゃ三百万、とても無理ですか?」
 僕は首を振った。
「大樹君。目的を見失っていないかい? いい中学校に入り、いい高校に、大学に入って、いい会社にでも入って、高い収入を得る。それが君の重ねてきた努力の最終目標なのか。そのために何を失うか、きちんと考えたのかい? お父さんの期待した君の将来は、どんなものだったんだ?」
 もはやこのまとも過ぎる説教めいた言葉は、僕には儀式に過ぎず、本気じゃなかった。大樹君がどう答えるか、ほとんど僕は確信していたから。
「僕はちゃんと考えました。大事なことだから。先生、僕は先生の奴隷でしょう? 僕にはもう、失うものなんてないんです。せめて自分の努力が、続けられる場所に行きたい。それがなくなるくらいなら僕、本当に先生にどうされてもいいです。好きなようにめちゃくちゃにして、殺して下さい。僕は先生のものなんだから」
 大樹君の言葉には正直そそられる部分もあったが、僕はさすがに手を振って、彼の話を遮った。
「めったなことを言うもんじゃないよ。それに君を殺しても僕には何の得もないし、そんな欲求もないね。でも覚悟のほどは聞いた。その気になったらめちゃくちゃにしてやるよ」
 僕はそう言い放ち、続けた。
23
最初 前へ 20212223242526 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ