MaraSon Part2
MaraSon Part2
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:MaraSon

公開開始日:2012/03/20
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
MaraSon Part2 第2章 2
 ついに父親は本気で泣き出した。そして声を絞り出した。
「私が悪いんです。妻が姿を消して、大樹が五年に上がってすぐです。私は本当に煮詰まって、その日の金にも困っていました。ネットで仕事を探していましたが……。その時、少女の画像交換サイトのようなところから、逮捕者が出たというニュースを見かけました。それで、思いつきで調べたら、男の子のそういうのもある、とわかりました。検索で簡単に掲示板がヒットしました。携帯のものでしたが……」
 父親は声を震わせながら続けた。
「息子は、親の欲目と言うべきかもしれませんが、外見は人目を引くぐらいだと、思っていました。アップされた画像を見て、こんな子でも売りものになるのか、顔をぼかされていても、食いつく人がいるのか、と思いました」
 いやいや、決して欲目じゃない。大樹君はかわいい。
「それで大樹を誤魔化して、シャツとパンツ姿を一枚、パジャマ姿を一枚デジカメで撮って、投稿しました。今から思えば愚かなことに、この子の顔も隠さず。すぐにコメントがつき、メールもたくさん来ました。ほとんどが裸をアップしてくれ、というようなものでしたが……」
 力が抜けてくるがっかりな世界だ。僕もその一員ではあるけどね。
「高く買うから裸の写真を売ってくれ、というものもありました。さすがに、抵抗がありましたが……。中に、下着でいいから高画質で五十枚撮ってくれと、それに二十万出すと、いうのがありました」
 やれやれ。
「下着なら、と思いました。メールをやりとりして、その人は、穿いてほしい下着を送るから、サイズを教えてくれとか、言ってきました。下着だけで、しかも五十枚も撮るとなると、誤魔化しはききません。これ(父親は大樹君の頭に手を添える)も十歳でした。幼児じゃありませんから」
 大樹君はじれったそうに、父親と僕の顔を、交互に見ていた。
「目先の二十万が、その時の私にはとても魅力的で、正常な判断ができなかった。局留ですが住所と、振込先をメールしたら、先に二十万、ちゃんと振り込まれてしまい、下着が届きました」
 嫌な予感がするな。I have a bad feeling about this.
21
最初 前へ 18192021222324 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ