MaraSon Part2
MaraSon Part2
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:MaraSon

公開開始日:2012/03/20
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
MaraSon Part2 第2章 2
 でも僕には気になることがあった。少女なら、それこそ携帯を自由に使う小学校高学年女子ぐらいから、やれ下着を売るだの行き着けば援助交際(売春そのものだ)だのと、自分たちがある種の大人の男の性的な嗜好の的であり、自分に商品価値があることをわかっていても不思議はない。でも大樹君は、僕に会った(いろいろとされた)先週まで、オナニー三回しかしたことのない小学生「男児」だ。自分のビデオや写真を売るなんて発想は、彼自身から出てきたものなのだろうか。
 僕は表情を弛ませ、大樹君に微笑みかけた。
「それはグッドアイデアだ。確かに僕は君を商品にできる。そういうルートも持っている。それによる利益は僕のものだが、そこから小遣いをあげることはできる」
 大樹君の表情に、期待めいたものが拡がったように見える。目がぱっと開かれている。会話の異常さとアンバランスな、子どもらしい愛らしさだ。小遣いを上げてやるって言われた小学生みたいな。
「ただ、君はどこからそんなことを思いついたのか、気になるな。それにお父さん」
 急に呼ばれて、はっとしたように頭を上げた髭面の父親は、おどおどした目で僕を見ている。
「いいんですか? 息子さんがしようとしてることの意味、わかってます?」
 父親は赤面し、泣き出さんばかりに表情を崩して、うつむいてしまった。表情は見えなくなったが、実際すすり泣いているのではないか。
 大樹君は気遣わしげにそんな父親の顔を覗き込み、肘で肘をついて、
「いいんだよお父さん。何回も言ったでしょ? これは僕が僕のために決めたことなんだ。お父さんに責任ないんだから」
 そいつは子どもの理屈だ。父上にはぜひ、責任を感じてもらいたいところだ。痛切に。
20
最初 前へ 17181920212223 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ