MaraSon Part2
MaraSon Part2
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:MaraSon

公開開始日:2012/03/20
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
MaraSon Part2 第2章 2
「それで君も、何が何でも私立中学に行きたいわけだ」
 大樹君はうなずいた。
「僕、周りの子よりがんばろうって思って、ずっと努力してきたつもりです。最初はお父さんのためって思ってたけど、今は自分のためって、思って」
 とても立派だ。こんなに素晴らしい子の未来を閉ざしてしまうなんて、全くひどい世の中だ。自分のことは棚に上げて、僕は憤り、腕組みしてうなった。
「でも、一人じゃたぶん、中学校の勉強は、無理です。それにずっと一人で、勉強だけすれば大人になれるっていうものじゃないと、思うんです」
「それはたぶん、君の言うとおりだろう」
 僕はうなずきながら、言った。
「お父さんに勉強、教わろうかとも思いました。でも今、お父さんは二つ仕事を掛け持ちしてて、忙しいんです。毎日、帰りも遅いし、夜勤も多くて、朝、一緒に走るのも、なかなかできないくらいだから……」
 なるほど、そういうことだったのか。一人で走る、大樹君の哀しげな眼差しを、僕は思い出した。
「先生に、っていうのも考えました。お医者さんだし。きっと勉強もできるって。でも先生だって仕事忙しいし、第一、ただで勉強教えてもらえるような、義理もないし……」
 あれだけひどいことをした僕に、そんな発想を持ったのか、この子は。
「それで学費か……なるほど納得がいったよ」
 僕は腕組みしたまま、大樹君に笑みを送った。余裕を取り戻した僕は、強気で、意地悪な気持ちに傾き始めていた。
「でも大樹君、君は一つ大きな勘違いをしている。君は僕の奴隷だ。そうだよね」
 僕はもう、この魂を失った父親に遠慮しなかった。大樹君はうなずく。
「てことはすでに君は、僕の財産だ。仮に誰かが三百万で君を買うと言ったとしても、金を受け取るのは僕だ。君やお父さんじゃない」
 僕は意地悪く微笑んだ。大樹君はきっと困ると思っていたが、そうじゃなかった。
「わかってます」
 えっ……。
18
最初 前へ 15161718192021 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ